個性的な服を買う理由

個性的な服を買う理由 - 個性的な服を買う理由

個性的な服を買う理由

当ページでは、個性的な服を買う理由について様々な観点から検討を深めていきたいと考えます。まず、個性的とはどういう意味でしょうか。個性的とは、一般的な服装と比べても特異な見た目をしていることをいいます。

個性的な服を買って身につけることで、自身のファッションセンスや思想信条を他人から見て取れるようにすることができます。また、他人が着ていないような服装に身をまとうことで、自身のパーソナリティやアイデンティティをはっきりと認識することもできます。したがって、個性的な服を着ることは、他人に対して自身の内的な思想を表明することであるとも言うことができるのです。

個性的な服の歴史

それでは、今までの歴史の中で個性的な服とされたものをいくつか見ていきましょう。中世ヨーロッパでは、南フランスから持ち込まれたという短いチュニックが流行していました。その後、東方から持ち込まれたとされる「ブリオー」という広く大きな袖とぴったりした胴部をもつ長いチュニックが流行していました。

この時代、修道院で暮らす人々は、俗世の喧騒から離れ、欲を捨てた生活を送っていました。しかし、十字軍遠征の後からは、アラブの影響により綺羅びやかな服装に身をまとうこととなりました。薄手の生地で織られたズボンを履くと、臀部が見えてしまうことも度々あったようで、当時の修道院長がしばしば、そうした服装をやめるよう通達を出しています。

その後、16世紀のフランスやスペインでは、男女とも、エリザベサン・カラーという、繊細なラフを着用するようになりました。

17〜18世紀にかけて、自身の財力を顕示するかのような絢爛な洋服が開発され、貴族を中心に着用されていました。もっとも、これらの服装に関する歴史はもっぱら貴族を中心としており、農奴や町民は簡単に着用することのできるチュニックのような服装を着用し続けました。…